ゆるい生き方 PR

【べき思考こそ辞めるべき!】べき思考の弊害と直し方を紹介するよ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

べき思考という言葉をご存知ですか?

「〇〇は△△であるべき」

「べき思考」にとらわれてしまうと、自分自身を精神的に追い込んでしまう原因になります。

本記事ではべき思考について解説します。

べき思考の直し方も紹介しますので、参考にしてくださいね!

おいら
おいら
べき思考こそ辞めるべきなんです!

べき思考とは

べき思考とは「〇〇はこうあるべき」という考えのことです。

世の中にはべき思考が溢れています。

人間は誰でも立場があり、それぞれには役割があります。

おいら
おいら
こんなべき思考に囚われていませんか?

・サラリーマンは会社のために尽くすべき。

・女性はおしとやかであるべき。

・子どもは大人の言うことに従うべき。

ちなみに「〇〇はこうあるべきではない」という逆の考えもべき思考です。

おいら
おいら
ご自身の日常を振り返ってみて、べき思考になっていないか確認してみてください。

べき思考をやめたほうが良い理由は?

べき思考をやめたほうが良い理由は、精神的な重荷になってしまうからです。

「〇〇は△△であるべき」

言い換えると。

「〇〇は△△でなければいけない。」

おいら
おいら
具体的に例をあげて、〇〇と△△に言葉を入れてみます。

・サラリーマンは会社のために尽くさなければいけない。

・女性はおしとやかでなければいけない。

・子どもは大人の言うことに従わなければいけない。

決してそんなことはありません。

「サラリーマンだから会社のために尽くさなければいけない」と考えて、鬼のような時間外労働をして神経をすり減らしていませんか?

おいら
おいら
べき思考をもつことで、余計なストレスを抱えてしまうことになります。
ストレスは悪ではない?ストレス発散方法を紹介!ストレスが溜まって悩んでいませんか?本記事ではストレスの発散方法や向き合い方を紹介しています。日々のストレスに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね!...

べき思考の辞め方

べき思考で余計なストレスを抱えていると感じたら、今すぐにでも辞めましょう

あなたが思い込んでいる「べき思考」は、周囲の環境によって作られています。

周囲の環境はあなたを取り巻く家族仕事の上司、広くはSNSマスコミなどが当てはまります。

べき思考をする方は完璧主義者の方に多いです。

周囲の期待に応えようとして無理をしていませんか?

おいら
おいら
べき思考で余計なストレスを抱えている心当たりのある方は、「普通じゃないことを楽しむ」心の余裕を持つことをおすすめします。

十人十色。

いろいろな考え方、やり方があって良いのです。

もっと柔軟に考えてみましょう。

「〇〇は△△でなければいけない。」

ではなく、

「〇〇だって□□してもいいじゃん!」

おいら
おいら
普通じゃないことが楽しめるようになったら、べき思考から抜け出せます。
【ゆるーい格言】人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと普通って何だろうと悩んでいませんか?本記事ではアインシュタインの格言「人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと」を紹介しています。普通であることを強要されて悩んでいる方に、ぜひ参考にして欲しい格言です。...

べき思考でさらに最悪なケース

べき思考でさらに最悪の状況になってしまうお話をします。

べき思考は自分自身に余計なストレスがかかるだけでなく、他人にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

べき思考は理想を高く持ちすぎている方に多く見られます。

自分自身が思い込んでいる理想を、他人にも押し付けていませんか?

自分自身がもっているべき思考を、他人に求めてはいけません。

おいら
おいら
他人の行動に腹を立てて、人間関係が悪化するのは勿体ないです。

まとめ

今回はべき思考について紹介しました。

「〇〇は△△でなければいけない。」

ではなく、

「〇〇だって□□してもいいじゃん!」

肩の力を抜いて、柔軟に考えてみてください。

おいら
おいら
思い当たる方は少しずつで良いので、考え方を変えてみてくださいね!
毎日お疲れさまです!

ご多忙な中、おいらのブログにお越しいただき、ありがとうございました。

また、さらには最後まで読んでいただき、感謝感謝でございます。

毎日の疲れの癒やしや、ご家族・友人などの集まりに欠かせないのは甘いものではないでしょうか。

国内最大級のケーキ専門の通販サイトは「Cake.jp」です。

「Cake.jp」は全国の洋菓子店さん150店舗3000種類にも及ぶケーキが購入できます。

<「Cake.jp」の公式サイトはこちらから>

 

それでは、またのご来訪を心からお待ちしております。

関連記事はこちら